毎日のようにサワーや酎ハイ、ハイボールを飲んだり、ウィスキーでソーダ割を作り割って飲む方、 夕食の前後に飲み始める方も多いと思います。今回はダイエットしながらお酒を飲む方法をお伝えします。

カロリー計算をしながら飲めばダイエットは可能

123-woman-celebrating-on-scales300x400

これは結論です。理由は下で述べますが、お酒を飲む時は必ずお酒のカロリー計算をして下さい。
つまみがなくても、焼酎やハイボール等の蒸留酒で無糖のものでも同じです。飲んだら必ずカロリー計算をしましょう。
カロリー計算は飲み過ぎを防ぎ、健康的なダイエットを続けるためのルールです。

おつまみをヘルシーにすれば太らないは嘘

diet1

つまみを抜いたりお酒もヘルシーにしたところで、食べ過ぎたり飲み過ぎればカロリーは蓄積し、やはり太ります。

また、『つまみはないし、ハイボールや焼酎だから炭水化物0!』と思って飲酒を擁護していませんか?

アルコールそのものにもカロリーはあります。

しかもアルコールの栄養素はほぼカロリーだけ。飲み過ぎると栄養価ゼロで太りますので、連日飲みのはNGです

 

お酒は1回200~300kcal以内で

10341_H84KWRuw04mxS3o

お酒を一切を断つ必要はありません。ただ飲んでも2,3日に1回、お酒自体の総カロリーも200~300に抑えたいです。

糖質ゼロのビール350缶なら約5本、ウィスキーとソーダ水で作ったハイボールならおおよそ3杯で300カロリー以内です。

(もちろん飲酒を止めると痩せます。これは間違いありません)
お酒との付き合い方は、まずカロリーを第一に考える事。そうすれば暴飲防止になるのはもちろん、お酒のカロリー分をそのままご飯やお菓子に回せると考える事も出来ます。

『お酒とは上手に付き合いましょう』良く言われる事ですが簡単に出来たら誰も苦労しません。
しかし貴女にお伝えしたカロリー計算で飲酒する方法では、飲み過ぎの制御も効きやすいのでお勧めです。とにかくカロリー計算が重要になると覚えておいて下さい。

お酒を飲むと本来代謝に使うはずのエネルギーが使われない

warning_sign_clip_art_12971

ネットでお酒とダイエットの事を調べますと、『アルコールはすぐに代謝されるためエンプティーカロリー。太る原因はむしろつまみ』と言われます。間違ってはいないのですが、カロリーはカロリーです。

しかもお酒を飲むとアルコール代謝が優先され、本来の脂肪燃焼のための代謝が行われないという事実はあまり知られていません。

『お酒を飲まなければ脂肪燃焼がされる』こう聞いたら貴女はどう感じますか?やはり痩せるためには飲まないに越したことはありません。

しかし

ダイエットに成功して完全に気持ちが『ダイエットモード』に入っていない人なら、ほぼ100%『脂肪燃焼が良い!当たり前。でもお酒も飲みたい』と思うはずです。

飲酒時のカロリー計算は必須となりますが、我慢はしなくて大丈夫です。私もお酒はよく飲みます。でも大丈夫。

断言します。お酒を飲みながらダイエットは出来ます。頑張りましょう!